最新記事

カテゴリ

独りで悩まないで

こころの散歩道・相談処

お気軽に御相談下さい

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【1件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【1件】
2005年 11月 【1件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 08月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【1件】
2005年 05月 【1件】
2005年 04月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【1件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 10月 【1件】
2004年 09月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【2件】
2004年 04月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2004年 01月 【3件】
2003年 12月 【2件】
2003年 11月 【1件】
2003年 10月 【29件】
2003年 09月 【4件】

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちおん和尚

Author:ちおん和尚
千葉県智恩寺から、今月のお話をお届けします。
あなたとのつながり、縁を大切にしたい。
ひとりじゃないこの世。大切にしたいあなたと
わたしのつながり・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブログ 智恩寺
あるがまま。その一瞬に感動を!
端午の節句
『端』は『初め』という意味で。『午』は『五』に通じ、『端午』で『五月初めの五日』
という意味になる。端午の節句の風習の由来は、中国東周時代の政治家 屈原
(くつげん)を供養するために始まり三国志の時代に日本に伝わったとされる。
もとは月の端(はじめ)と午(うま)の日という意味で5月に限ったのもでなかった。
しかし、午と五の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日の
ことになったとも伝えられている。
当時は邪気を避けて魔物を祓う薬草とされていた『菖蒲』をよもぎと共に軒にさし、
あるいは湯にいれて『菖蒲湯』として浴した。
時代が武家社会に移るにつれ、これまでの風習がすたれ、代わりに『菖蒲』と『尚武』
をかけた尚武(武士を尊ぶ)の節句への移っていく。 この流れを受け、江戸時代には
徳川幕府の重傷な式日が5月5日と定められ、大名や旗本が式服で江戸城に参り、
将軍にお祝いを事じるようになった。  また、将軍に男の子が生まれると、玄関前
に馬印〔うましるし〕や幟〔のぼり〕を立てて祝った。こうして時代と共に男の子の誕生
と成長を祝うお祭りへとなっていった。      
江戸時代以降、端午の節句は『男子の節句』とされ、武家で甲冑(かっちゅう)や幟
(のぼり)を飾ったことに傚い、町人も武者人形や刀などを飾り、鯉のぼりをたてる
ようになった。

五月五日が『こどもの日』に制定されたのは、祝日法が公布・施行された1948年の
ことである。

端午の節句の伝統的な飾り
五月飾り 備考
●鯉幟
(こいのぼり) ◎中国の御漢書に記された故事にちなみ、かつ「鯉の滝昇り」が
たくましく苦難を乗り越えて出世していくことにつながることから、武家の男児のお祝い
に好んで使われるようになりました。

◎鯉のぼりの一番上につける「吹き流し」の五色は、緑(青)=木、赤=火、黄=土、
白=金・金属、黒=水を表わし、この世に存在するすべてのものは、木、火、土、金
(金属)、水の5つから成り立つという思想に基づくと言われています。この5つを「五行」
と呼び、これら5つの力が合わさることで邪気を祓うという信仰があります。

◎江戸幕府が5月5日を五節句のひとつとしてお祝いの日と定めてからは、武家では
男の子が生まれると幟をたてて周囲に男児誕生を知らせるようになりました。

◎これらのお祝いの儀式が庶民へと伝わり、現在の鯉のぼりの様式になったと言われて
います。
●鐘馗様
(しょうきさま) ◎つい100年くらい前までは、日本でも、貧困や衛生、医療面などの
問題から、乳幼児の生存率は今ほど高くありませんでした。
鐘馗(しょうき)様は、病魔を祓い男の子が健やかに育つようにという願いをこめて
かざります。

◎もともと鐘馗様は中国から伝わった神様です。かつて玄宗皇帝がマラリアにかかり
死の淵をさまよったときに、夢の中で恐ろしい顔の大男が病の悪魔達を退治し、命を
救ってくれました。
皇帝が大男に名を尋ねると、自分はかつて官僚登用試験に落ちて自殺した鐘馗(しょうき
)という者で、手厚く葬ってくれた恩に報いる為にあなたを救ったと言いました。
夢から醒めた玄宗皇帝は、夢で見た鐘馗(しょうき)の姿を絵に表わし、厄災、邪気を祓う力
があるとして国中にひろめたとのことです。
これが日本に伝わって男の子の無事な成長を祈る端午の節句に飾られるようになりました。
ちなみに、戦国武将の前田利家なども、鐘馗様を旗印にしたり陣羽織に用いたそうです。

◎鐘馗様が落ちたとされる官僚登用試験は、実際に約100年前くらいまで1300年以上もの間、
中国で行なわれていた超難関の国家試験です。鐘馗様は現在は、学業成就の神様としても
信仰されるようになっています。受験生のみなさんは、受験の時にも鐘馗様を箱から出して
ご自宅に飾ると良いかもしれません。

●鎧・兜
(よろい・かぶと) ◎武家を中心に広まって来た端午の節句の儀式。
男の子に強く逞しく育ってほしいという願いと、厄災から男の子を守って欲しいという願いから、
鎧や兜などの武具も一緒に飾るようになりました。

◎庶民宅では、紙製の武具や、人形、絵などを飾るようになったのが今の五月人形のはじまり
とされています。
●金太郎 ◎今よりも1000年以上前に存在したとされる坂田金時(さかたのきんとき。幼名は
金太郎)という武将の話にちなみ、元気な男の子、立身出世の物語が愛されて来ました。

(坂田金時=坂田公時とも書く。子供の頃は金太郎と呼ばれ、熊と相撲を取るほど元気な
子供だった。成長してからは都にのぼって源頼光とともに活躍した。大江山の酒呑童子を
退治したという逸話もある)
端午の節句の伝統的なしきたり
しきたり 備考
●菖蒲湯
(しょうぶゆ) ◎菖蒲の葉には邪気を祓う力があるとされ、端午の節句の日に菖蒲の葉を
(一部の地域では根も用いる)入れて湯をわかして入浴します。
葉には強い香りがあるため、この香りが邪気を祓うという説もあります。

◎菖蒲の葉から抽出されるオイルには、結構促進効果があるとされています。
●菖蒲かざり ◎菖蒲の葉やよもぎの葉を結んだものを軒下につるすのは、菖蒲には邪気を
祓う力があるとされているからです。
枕の下に敷いて寝るという地方もあるようです。