最新記事

カテゴリ

独りで悩まないで

こころの散歩道・相談処

お気軽に御相談下さい

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

2017年 04月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【1件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【1件】
2005年 11月 【1件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 08月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【1件】
2005年 05月 【1件】
2005年 04月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【1件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 10月 【1件】
2004年 09月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【2件】
2004年 04月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2004年 01月 【3件】
2003年 12月 【2件】
2003年 11月 【1件】
2003年 10月 【29件】
2003年 09月 【4件】

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちおん和尚

Author:ちおん和尚
千葉県智恩寺から、今月のお話をお届けします。
あなたとのつながり、縁を大切にしたい。
ひとりじゃないこの世。大切にしたいあなたと
わたしのつながり・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブログ 智恩寺
あるがまま。その一瞬に感動を!
師匠、82歳。
茨城県真壁郡明野町(現筑西市)に生を享け今日で82歳になる
我が父。保育園創立2代目園長として社会福祉(幼児教育)の
観点から叙勲の栄を10年ほど前に頂いた。子どもの頃の
父親像は”頑固、まじめ”でも般若湯と称してお酒を嗜むと
また違った面が現れ面白い。映画おくりびとの主演、本木雅
弘さんが同じく主演された「ファンシ-ダンス」に出演した
父親で住職を想像してしまう。
そんな師匠:父であるが不思議なことに変わった趣味があった。
いまどうなったのかわからないが、箸袋を集める趣味である。
仕事で旅行等が多かった父の事、なにか趣味でもと思ったら
しい。それが箸袋である。考え付かないことをするようである。
先代住職の弟子としてお寺にきて修行の延長のような生活だっ
たようであった時代を乗り越え先代から保育園を引き継ぎ、
順調に船出したかに思えた矢先、園児数が急転直下一ケタの
人員になったそうな。しかし、山の如く動ぜずこう思ったそう
である。「たとえ園児が一人になっても続ける!誰のための
保育園(福祉事業)なのか!」と。頑張った甲斐あって私が
入園していた頃には200名を超す一大保育園化した。
現建物も一部改築してはあるがまさしくイモ洗い状態での
保育だったのだろう。

利他すなわち自他なり(菜根譚)
人を利するは実に己を利するの根基なり・・
人に利益を与えることがかえって、本当は自分を利する
ことになるのだが、これがなかなかわからないのである。
世の中もちつもたれつ、父の浄行に頭の下がる思いである。
それはまた般若湯から生まれたであろう数々の智慧、
カラオケと箸袋収集とお檀家さん。
それぞれに82年の重みがある。

母上、81歳。
昭和4年6月の今日、母親は生まれた。
農家の出身であり、生粋の原住民(白浜町)?である。農耕に従事
していたころは誰にも負けないくらいよく働き、兄弟の面倒も見、
家計の一端を担っていたそうである。縁あってお寺に嫁ぎ、私ら
4人を産んでくれた。師匠であり父親の威厳は莫大な中、なれない
お寺のお嫁さんとしてお婆さんに仕えてお寺を陰ながら支えていた
ようである。鉛筆1本、消しゴム1個買うにしても父の許可なくして
はお金が貰えず、こころは咎めたが何度か嘘ついて貰ったこともある。
そんな母は私が中学の後半から病魔に侵され、高校時代は弁当は自分
で作らなければならなかった。
いまも病弱な身ではあるがなんとか頑張っている。
そんな母は今日81歳の誕生日を迎えた。

親が子を子が親を殺すような現代に遭っては今一度考えなおすべく
お経がある。「父母恩重経」というお経には父母の十種の恩徳が詠
まれている。その7番目に”嚥苦吐甘の恩(えんくとかんのおん)”
=苦しいものや不味いものは父母が食べて、甘くておいしいものを
子どもに与える。だれかだったか忘れてしまったが随筆に、小さな
子がお母さんに「請求書」を出すという話である。
【お母さんへ】
1、お使い賃 100円 2、妹のお守り賃 150円 
3、お留守番代200円      計450円   子どもから
請求書を貰ったお母さんも黙ってはいません。
「じゃ!お母さんからあなたへ請求書を出します。あなたもお母さ
んに払って ちょうだいね!」
【お母さんからあなたへ】
1、あなたのお守り代 0円 2、あなたの看護代 0円 
3、あなたの生活費  0円    計  0円
お母さんへの請求書は金額で表せても、母から子どもへの請求書は
0円です。つまり母の請求書は無償、ただです。
それは父もまた同じです。と・・・
故松原泰道老師はこの「嚥苦吐甘の恩」を次のように謳いあげます。
 苦しい働きを進んでつとめ 楽な仕事を子にゆずる 
 報恩を求めず黙々と 無償の行を積みつつ 老いてゆく父・母

いつかは御隠れしなければならないとは云え、誕生日を祝すとともに
今一度父母に感謝申し上げます。
お陰様で51年目の道を歩ませていただいております。