最新記事

カテゴリ

独りで悩まないで

こころの散歩道・相談処

お気軽に御相談下さい

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【1件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【1件】
2005年 11月 【1件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 08月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【1件】
2005年 05月 【1件】
2005年 04月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【1件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 10月 【1件】
2004年 09月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【2件】
2004年 04月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2004年 01月 【3件】
2003年 12月 【2件】
2003年 11月 【1件】
2003年 10月 【29件】
2003年 09月 【4件】

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちおん和尚

Author:ちおん和尚
千葉県智恩寺から、今月のお話をお届けします。
あなたとのつながり、縁を大切にしたい。
ひとりじゃないこの世。大切にしたいあなたと
わたしのつながり・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブログ 智恩寺
あるがまま。その一瞬に感動を!
入口の掲示紙
時折の吹雪に体が凍える。-7℃~-2℃のここ二日間だ。
団地にある檀家さんは、4階である。駐車場から階段を7段ほど上がって入口の扉に着いた。
扉を開く金具は冷たい。ふと目についた。
「玄関は静かに閉めてください」。その横に「寒くなりましたね」という文字。
そうですねと言いたいくらいに温まる8文字に感動した。
そんな心配りに4階まで登る足取りは軽かった。

傾聴
”気持ち楽になりました 少しばかりすっきりしました” 
お父さんが亡くなってから何一ついいことがない。
体調も悪いし、娘まで仕事を辞めて療養生活。
ある人が、なんでも言うことだよといった。でもそれを聞く人がいないとこころも晴れない。
喋って喋って喋りまくったお母さん。次に娘さん。
お坊さんに聞いてもらったという安堵感から顔色も次第に良くなっていった。
聞き上手は話し上手とよく言う。
相手のイエ(こころ)に投げ入れる修行でもある。
ひとり悩んでないで勇気を出して言おう。すっきりするよ。

標識と葬式
標識と葬式、なにも関係ないと思った。がしかしである・・・。
函館に来た頃、変則(中央線にあたる部分が広い歩道)の道路を右折して直進して
小路へ入って次の月参りのお檀家さんを地図で確認していた。すると
「コン、コン、コン」とドアを叩く音に気づいて顔を上げるとお巡りさん。
どうしたものかと窓を開けた。
「お寺さん、標識みたかい?」とお巡りさん。
なんのことが分からず一言「どうかしましたか」と尋ねると
「先の道路は右折禁止なんだよ」とお巡りさん。
「はあ~」というのが精一杯の小生。
「しっかり標識みて走ってくださいね。事故でも起こすと大変ですから」と
お巡りさんからの注意。
反則切符は切らず、温情を与えてくださった当時のお巡りさんに感謝していた。

先日、お檀家回りをしていた時にご時勢を嘆いていたお檀家さんの話を伺った。
なんと小生と同じく右折禁止のところを右折してしまい、反則切符を頂いたという。
話はスピ-ド違反、駐車禁止さらに飲酒運転にまで及んで話は尽きなかった。
30分にも話は及んだ挙句、だまされる自分に反省しないと振り込め詐欺にも
やられてしまうと。昔は~(よかったなあ~と云わんばかり)と懐かしがっていた。
そんなこんなで話はこんがらかってしまった。
許せる話と許せない話、見逃すことと見逃せないこと・・・・・。
甘い自分とそうでない自分の葛藤。これくらいいいんじゃないかと思うこころと
これくらいと思うからだめなんだと思うこころを自省するこころ。

話はまた当時に戻るが、そこの住職に聞かされたことがあった。
昔は法事でちょっとお酒を嗜んで車を運転したこともたびたびあったという。
お坊さんだからという甘えもあったのか、世の中が生ぬるかったようである。
それはさておき、ある日御住職、毎日忙しく檀家回りをしていたそうである。
葬式を終え、廻りきれなかったお檀家さんにいく道中だった。
角に交番もあるのも薄ら覚えでその角を直進した。
案の定、飛び出してきたお巡りさんに捕まってしまったそうである。
その道、一方通行。
止められた住職の車、訊問がはじまった。
交通量も多いその道である。
「お寺さん、標識みたかい?」とお巡りさん。
「いや、いま葬式に行ってきた帰りだよ」と御住職。
「いやそうでなくて標識・・・・」とお巡りさん。
「あなたもわからないなあ葬式に行ってきたんだ」と御住職。
やりとりが数分続いたそうである。
呆れたお巡りさん「どうぞ早く行ってください・・」と住職の車を誘導したそうである。
少しお酒も入っていたそうな・・。標識(車両進入禁止)

禅の言葉に『庭前柏樹子(ていぜんのはくじゅし)』という禅語がある。
”達磨大師はどうしてインドから中国にきたのか”と一人の僧。
趙州(ちょうしゅう)和尚曰く”庭前柏樹子”。   なんで庭の柏の樹?とだれでも思う。
庭の前?柏の樹は関係ない?と決めつけている。
言葉の一つ一つにこだわり、全体を見失っているからである。
つまり、「言葉に捕らわれるものは自分を見失う」というわけである。
標識と葬式。関係のない両者だがそのことに拘っていては話にならない。

今年も1か月足らず、過ぎ去る年に感謝と来る年へ希望を。
一年間お付き合いありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。 初日の出 pkk