最新記事

カテゴリ

独りで悩まないで

こころの散歩道・相談処

お気軽に御相談下さい

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2003/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

月別アーカイブ

2017年 04月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【1件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【1件】
2005年 11月 【1件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 08月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【1件】
2005年 05月 【1件】
2005年 04月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【1件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 10月 【1件】
2004年 09月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【2件】
2004年 04月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2004年 01月 【3件】
2003年 12月 【2件】
2003年 11月 【1件】
2003年 10月 【29件】
2003年 09月 【4件】

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちおん和尚

Author:ちおん和尚
千葉県智恩寺から、今月のお話をお届けします。
あなたとのつながり、縁を大切にしたい。
ひとりじゃないこの世。大切にしたいあなたと
わたしのつながり・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブログ 智恩寺
あるがまま。その一瞬に感動を!
仏事アラカルト メニュー


28. 霊供膳と一膳飯
お霊供膳が変化して、当函館地方では「おりくぜん」と呼ぶ。仏事(通夜、葬儀、中陰供養、命日、法事等)にお供えする供養膳。ご飯を円く盛るのは、円墳をイメ-ジしている。つまり、お墓なのです。
枕飾りの一膳飯も円く盛ってそこにお箸を立てます。これが墓標。
食卓にあるご飯を山盛りしてお箸を立てると”縁起でもない!”と忌み嫌われます。
お墓を食べるからです。死をイメ-ジするからです。

27. 一周忌と三回忌 
 「亡くなって一年目の法事が一周忌。翌年の法事は三回忌といいます。一周忌は一年周ってきたときの忌日をいい、三回忌は三回目の忌日のこと。周忌と回忌は意味が違ってくる。一周忌は満で一年目という数え方、三回忌はかぞえ年であらわします。言い方をかえると、一周忌は二回忌で、亡くなった当日が一回忌。かぞえ年とは、母親のお腹に命が宿ったときから数え始め、十月十日後に生まれたときが一歳になります。そこで位牌の享年○○歳も仏教では満年齢でなくかぞえ年になっています。
考え方として、死んだらまたあの世に生まれる。生まれたときが一歳、一周忌は二歳、二周忌目は三歳で三回忌(忌日を三回むかえる)、その後は六年目が七回忌、十二年目が十三回忌となっていきます。

26. 不祝儀袋の表書き
1、お寺への包み(葬儀~四十九日)表書きは「御布施」で水引は黒または銀、
2、お寺への包み(法事)「御布施」黄色水引、
3、通夜参列(御伽見舞・御通夜見舞)黒水引、
4、葬儀参列(御香典・御霊前)黒水引、
5、初七日~四十九日(御霊前)黒水引、
6、法事参列(御仏前)黄色水引、
7、香や花の代わりにお金を包む場合は、御香料、御花料、供花料、
8、(御供)お菓子、果物などのお供え物の表書き、
9、(志)香典返し、引物の表書き。
10、香典は故人の霊を弔う「香」の料金のことで、昔は実際に香を持参していたが、現在ではその代わりに現金を包む。「御香典」には必ず住所、氏名、金額を記入する。
11、年忌法事、先祖供養、墓経、命日供養等は(御布施)と書き、黄水引が一般的。御年始、御盆礼、御彼岸礼、大般若祈祷料、開眼料(石塔、仏壇)は「祝儀袋・赤水引」を用いる。

25. 年賀欠礼
 服喪中は賀状送付は控える。例年出している相手には十二月初旬に、年賀郵便の受付開始前までに到着するように「年賀欠礼」の挨拶状を送る。最近では故人が二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)以上で別世帯の場合には賀状を出したり、新年を祝ったりする。欠礼状を出さずに相手から賀状を受けたときには、新年を迎えてから寒中見舞いを兼ねて、「喪中につき賀状失礼いたしました。」とお知らせする。喪中に年を越す場合は、門松、鏡餅、正月用の飾り、年始廻りはしない。神社参拝も控える。

24. 遺体は24時間おく
 死は心臓の鼓動が停止したと医師が判定したとき死とみなされる。ところが心臓の鼓動だけが止まっても、他の肉体的な細胞が完全に死にいたっていないため、死を確認するために一昼夜以上を経過してから火葬を行うことになっている。昔、親族が遺体を前にして通夜のとき、突然棺の蓋をあけて死人が蘇って出てきたという話が伝えられている。何かの発作で一時、呼吸が停止し、しばらくして息をふきかえしたもの。このようなことから遺体を棺に納めても出棺まで蓋には釘を打たないでおくしきたりがある。

23. 輪袈裟
 僧侶が大衣の上から肩に掛ける法服を「お袈裟」といいますが、一般檀信徒の方はそのお袈裟を簡略化した「輪袈裟わげさ(輪絡子わらくす)」を受持することができます。お袈裟は、「解脱服」「如来衣」「無上衣」などと呼ぶように、正しい信仰に生きるための最尊最上の功徳を備えている法服です。仏事儀式にはお数珠とともに、必ず身に着けていただきたいものです。ご希望の方は、お申し出ください。

22. 友引の意味
 「大安」は婚礼の日、「友引」はといえば葬式をしない日とするのがどこでもしきたりとなっている。「友引」「大安」「仏滅」などは、中国から伝わった「陰陽道」の中の、日の吉凶を表す「六曜」からきている。これによると友引が特に、「お葬式に良くない日」というふうには決められていない。ただ単に文字の上で、「友を引く・・仲間を誘う」「死者が親しい友人を呼び寄せる」として葬儀を行わないのが一般的となっている。迷信としか言い様がないが、そのしきたりが世間の常識となっており、友引の日にお葬式を出すことはそれを気にする会葬者にも迷惑をかけることになるのでほとんどおこなわれていない。

21. 正座(せいざ)
 読経が始まったら、最初の十分ぐらいは正しく座った方がよい。正座の仕方は、両ひざの間をにぎりこぶし一つ(約15センチくらい)開け、右足の親指の上に左の親指を重ねる。長時間座る時は親指の重ねを変えるとしびれない。背筋を伸ばし、尻をどっかりとすえ、頭が左右に傾かぬようにし、アゴを引く。手は掌を上にして、右手が下になり、左手をその上に重ねます。(法界定印という坐禅の時の手の形、お仏像の手はすべて掌を上にして座っています)背筋をピンと張ると、坐禅と同じように両肩が後ろに引かれ、胸全体が開く感じがします。呼吸が深くなり、心も落ち着きます。

20. 十三仏信仰  
 葬儀場の祭壇中央にお祀りする十三仏さまは、インド起源の初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日の計七回の法要で七仏事。それに中国の百ヶ日、一周忌、三回忌が加わって十仏事となり、さらに日本で七回忌と十三回忌、三十三回忌が務められ、これで十三仏事となる。葬儀場にこの十三仏をお祀りして、お経等を上げ一刻も早い死者の成仏を願うものです。
初七日から順に不動明王、釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩、薬師如来、観音菩薩、勢至菩薩、阿弥陀如来、阿閃如来、大日如来、虚空蔵菩薩が十三の仏(菩薩)さまです。

19. 四十九日(中陰供養)
 人が亡くなってからの四十九日間を、仏教では「中陰ちゅういん」と呼ぶ。この期間に、死者が次にどこに生まれるかを決める裁判をする。裁判官は、初七日:泰広王、二七日:初江王、三七日:宗帝王、四七日:五官王、五七日:閻魔王、六七日:変生王、七七日:泰山王。七人の裁判官が七日ごとに死者を裁く。裁判の末、生まれ変われる世界は六つある。1、天上界 2、人間界 3、修羅の世界 4、畜生の世界 5、餓鬼の世界 6、地獄界。果たしてあなたは・・・。

18. 死装束は巡礼の姿
 人が亡くなると、死装束に着替えてから納棺します。まず「経帷子きょうかたびら」と呼ばれる白い木綿、麻などで作られた着物を着せ、両手には「手甲」を付け、足には「脚半」を巻き、「白足袋」、「草履」、頭には「頭巾」、首からは「頭陀袋」を掛け、杖と笠を持たせます。頭陀袋には「六文銭」(実際には紙に印刷されたもの、三途の川の渡し賃とされる)を入れる。これは昔ながらの「巡礼の姿」、冥土の旅支度です。ご自分の笈摺がある(生前授戒、生前巡礼等で頂いてある)方はそれも入れてやります。

17. 納棺(のうかん)  
 湯灌に続き、遺体の髪をきれいに整え、男性ならばひげをそり、女性ならば薄く化粧をほどこします。死出の旅支度をして棺に納めます。手は結んで数珠を持たせます。故人愛用の品をいっしょに納めても差し支えないですが、火葬にする関係上不燃物は控えます。釘は打たずそのまま蓋をし、棺掛をして祭壇に安置します。

16. 湯灌(ゆかん)
 遺体を棺に納めるときに湯水で体を拭くことを「湯灌ゆかん」といいます。現在は病院で済ますことが多く、アルコール液を用いますが、以前は湯水を使用しました。湯灌をする人は自分の体を荒縄で縛ってから行います。これは亡くなられた方の霊が体の中に入らないように、忌みがかからないようにするしめ縄の代用です。お線香を焚いて煙りを湯灌場所いっぱいに充満させます。現在では葬儀社のりっぱな自動洗浄機もあると聞きます。

15. まくら飾り
 ご遺体の枕もとには白布を掛けたお仏壇の前机あるいは小机を置き、香炉(線香立て)、燭台(ローソク立て)、お花立てを用意し、お線香、おローソク、お花、一膳飯を供えます。おリン(鐘)を用意し、紙華花(しかばな)を造り枕飾りの両側に置きます。(最近では紙華花は葬儀社で用意して持ってくる)枕団子をお供えし、死者の胸には刃先を顔の方に向けないようにして魔除けの小刀、剃刀、又は鎌を置きます。故人愛用の数珠を手に持たせます。

14. 北まくら
 ご遺体は仏間または座敷に北まくらにして寝かせます。これはお釈迦さまが亡くなられた時のお姿で、「そのとき世尊は、右脇にして臥す。頭を北方に枕し、足は南方を指す、面は西に向かい、後背は東方なり」(頭北面西右脇臥)という故事によるものです。安置終えたら晒しの白布で顔を覆い、両手は結んでおきます。お寺に連絡をして枕もとで読経してもらいます。(枕経)

13. 末期の水(まつごのみず) 
 お釈迦さまはインドのクシナガラの地で八十歳でご入滅になられましたが、この世の最後に弟子の汲んできたお水をたいへんお喜びになり、美味しくお飲みになられたというご因縁によります。ご臨終を告げられたら、新しい割り箸の先に脱脂綿を白糸で巻きつけ、茶碗に入れたお水に浸して、お釈迦さまの故事にならって死者の唇を濡らしてさしあげます。

12. ご命日のお供え
 亡き人のご命日には「お霊膳」をお仏壇にお供えしましょう。亡き人が食べることのできるような状態でお供えします。お仏壇側から見て、箸、ご飯(左)、汁(右)、香の物(中央)、お平(左上)、お皿(右上)とお膳に並べます。仏壇屋さんで小型の本膳が売られていますので、お仏壇にあったものを買い求めてください。

11. 忌明けが三月(みつき)にまたがる
 四十九日法要の相談でよく聞かれることが、「四十九日は三月にまたがるといけないそうなので、期日を早めたいのですがよろしいでしょうか」というものです。この質問が結構多い。これは単なる語呂合わせで、「四十九日」は「始終苦日」、「三月」は「身付き」として、「始終苦日が身に付く」からとなったようです。理由を知れば、誰かが考えた迷信であると解ります。月の中旬から下旬に亡くなった人は必ず三月にわたることになります。正式な四十機要をお勤めいたしましょう。

10. 年忌法要
 死後満一年経った日を、亡き人が一年を迎えたというので一周忌とする。二年後の命日には亡くなって三年目を迎えるということで三回忌を行う。その後は六年後の命日が七回忌、十二年後の命日が十三回忌。後は十七、二十三、二十七、三十三回忌となる。一周忌以降の年忌法要はこれを迎えるという意味から、「かぞえ」で数えることになっている。一般的には三十三回忌を弔い上げ、弔い納めといって追善供養の終わりとする。特別に五十回忌、百回忌の報恩供養を行うこともある。

9. 数珠は何のため
 お葬式やご法事には数珠は欠かせない。仏教徒のシンボルであって、クリスチャンの十字架のようなもの。数珠の起源は、インドのブッダガヤーの大樹の下でお釈迦さまがお悟りをひらかれたとき、その頭上の木の実を紐に通して、一つずつ指でまさぐっては仏さまの名を唱えたそうです。そこで数珠(数をかぞえる玉)と呼ばれるようになった。その樹木は後世「菩提樹」と名づけられ、その実は現在でも数珠として使われている。やがて、石やガラス等様々な玉ができ、数も百八や、その半分、そのまた半分の二十七玉や、二十二玉、十八玉等がある。数珠は一生を通じての心の守り本尊となってくれるので、お守り代わりにいつも携帯していても差し支えない。

8. お線香は何本立てるのか
 一本でも二本でも、あるいは三本でもよい。なるべく真っ直ぐに立てる。意味を考えると、一心不乱のお参りで一本、二本は自分自身と、ご先祖さまに、三本は仏法僧の三宝の意味か。香りのよい高級お線香を一本、これが良いでしょう。

7. 仏事の服装 
 危篤または死亡の知らせを受けたら、直ちにかけつけなければならないので普段着で良い。通夜、葬儀は喪服(略式礼服)を着用し、学生は制服、子供は地味な服装に黒靴下を着用する。女性は着物又は黒のドレスにする。数珠は左手首に掛ける。ハンカチは白、カフス、タイピンは光るものは避ける。

6. お焼香の仕方
 お焼香は、二回で結構です。一回目は「主香」といい、まず焼香箱を前にして合掌一礼していただきます。左手は合掌のまま、右手の浄指三本(親指、ひとさし指、中指)で香をつまみ、額のあたりまで頂き念じ(今のこころ=念)、亡き人を偲びながら焚きます。二回目は「従香」といい、最初の主香が消えないかを確認する意味で抹香を加えるので、ただ右手でつまんでそのまま焚きます。終わってその右手を左手の合掌の手に合わせ一礼して元の姿勢(位置)に戻ります。

5. 位牌
 位牌の「牌」は「籍」と同じで、その人の位、姓名を記したものであるので、「位牌」といいます。亡くなってから四十九日までは白木の位牌を安置しますが、忌が明けたら、黒塗りの位牌(繰り出し位牌、過去帳入り位牌等)を安置します。五十回忌の法事明け(三十三回忌の地方も)を終えた位牌は先祖代々位牌に合祀するところもあります。

4. 塔婆(トーバ) 
 梵語の意訳、卒塔婆(ソトーバ)の略。五輪塔(空・風・火・水・地)を象徴したもので、最上層は人間の頭を意味し、第二は顔、第三は胸、第四は腹部、第五は脚とされる。塔婆の表面が仏の全身人、尊体を表し、裏面はそのこころを表しています。角塔婆、略式の板塔婆があります。
長さも地方により異なりますが、最高の先亡供養です。
(1)宝珠形(頭)(2)半月形(顔)(3)三角形(胸)(4)円形(腹)(5)四角形(脚)

3. お仏壇のまつり方と供物 
 ご先祖のお位牌だけしかないお仏壇をみかけますが、お仏壇は家庭の小さなお寺ですので、正面には信仰の対象であるご本尊をおまつりしなければなりません。曹洞宗では三尊仏(真中がお釈迦様、右に永平寺の道元禅師さま、左に總持寺の瑩山禅師さま)をお祀りします。先祖のお位牌は本尊さまの横に安置しておきます。お線香、お灯明、生花、お水、食物の五つの供養は怠らずいたしましょう。


仏壇



お水(浄水)は、大地に返して(観葉植物など)あげましょう。そして、草木、野鳥や大地にいる見えない生物への思いやりと感謝のこころをささげたら、きっと共生を喜ぶはずです。供養とはご先祖様はもとより、生きとし生けるものすべてに回向することが大切なのです。
その他のご飯や果物、お菓子類は食べれるうちに皆でいただきましょう。
功徳を頂きましょう。生きとし生けるものへの恩返しです。

2. 曹洞宗の三尊仏
 三尊仏とは、曹洞宗のご本尊さまであるお釈迦さまを中央に、右脇にに正しいみ教えを伝えられた永平寺の道元禅師さま、左にそのみ教えを全国に広められた總持寺の瑩山禅師さまのお三方(一仏両祖)をご絵像にして一幅のお軸にしたものです。(それぞれの方のお掛け軸になったものもあります)ご家庭のお仏壇の中心におまつりいたします。

1. 曹洞宗と教え
8世紀初め頃の中国の禅僧である洞山良价の「洞」と、その弟子である曹山本寂の「曹」をとって「曹洞」としたのが曹洞宗の名の由来だと言われています。
 我が国に曹洞宗を開いた道元禅師は、正治2年(1200)内大臣久我通親の子として京に生まれました。幼くして両親を失った禅師は、13歳の時に比叡山に登り、天台教学を学びます。しかし、天台宗に疑問を抱き、18歳で建仁寺に栄西を訪ねます。そして貞応2年(1223)に中国に渡り、如浄を師として曹洞禅を学びました。
 身心脱落の境地を得て帰国した禅師は、宇治に興聖寺を開きます。その後、越前に移り永平寺を建て、自らの理想とする正伝の仏法の提唱と弟子の養成につとめました。
 道元禅師から四代目にあたる瑩山禅師は多くの優れた弟子を養成しながら大衆教化にもつとめ、現在、日本最大の寺院数を誇る曹洞宗の素地をつくりました。曹洞宗では道元禅師を宗派の父、瑩山禅師を母にたとえ、両祖と仰いでいます。

曹洞宗の修行の基本は坐禅です。修行は坐禅だけには限りませんが、ただひたすらに坐禅を行うこと(只管打坐(しかんたさい))を最も重要に考えます。そして、坐禅の心とすがたで、日常生活を生きていく(即心是仏(そくしんぜぶつ))ことを説きます。
 坐禅の力は、必ず個人生活・社会生活に現れてきます。つまり坐禅と日常生活は一つ(禅戒一如(ぜんかいいちにょ))なのです。ですから日常生活を大切にして、今、ここで生きているかけがえのないいのちを事実のままに生きることこそが、修行であり、この自己の修行がそのまま仏の行であると教えています。