最新記事

カテゴリ

独りで悩まないで

こころの散歩道・相談処

お気軽に御相談下さい

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

2017年 04月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【1件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【1件】
2005年 11月 【1件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 08月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【1件】
2005年 05月 【1件】
2005年 04月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【1件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 10月 【1件】
2004年 09月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【2件】
2004年 04月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2004年 01月 【3件】
2003年 12月 【2件】
2003年 11月 【1件】
2003年 10月 【29件】
2003年 09月 【4件】

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちおん和尚

Author:ちおん和尚
千葉県智恩寺から、今月のお話をお届けします。
あなたとのつながり、縁を大切にしたい。
ひとりじゃないこの世。大切にしたいあなたと
わたしのつながり・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブログ 智恩寺
あるがまま。その一瞬に感動を!
28. 霊供膳と一膳飯
お霊供膳が変化して、当函館地方では「おりくぜん」と呼ぶ。仏事(通夜、葬儀、中陰供養、命日、法事等)にお供えする供養膳。ご飯を円く盛るのは、円墳をイメ-ジしている。つまり、お墓なのです。
枕飾りの一膳飯も円く盛ってそこにお箸を立てます。これが墓標。
食卓にあるご飯を山盛りしてお箸を立てると”縁起でもない!”と忌み嫌われます。
お墓を食べるからです。死をイメ-ジするからです。

27. 一周忌と三回忌 
 「亡くなって一年目の法事が一周忌。翌年の法事は三回忌といいます。一周忌は一年周ってきたときの忌日をいい、三回忌は三回目の忌日のこと。周忌と回忌は意味が違ってくる。一周忌は満で一年目という数え方、三回忌はかぞえ年であらわします。言い方をかえると、一周忌は二回忌で、亡くなった当日が一回忌。かぞえ年とは、母親のお腹に命が宿ったときから数え始め、十月十日後に生まれたときが一歳になります。そこで位牌の享年○○歳も仏教では満年齢でなくかぞえ年になっています。
考え方として、死んだらまたあの世に生まれる。生まれたときが一歳、一周忌は二歳、二周忌目は三歳で三回忌(忌日を三回むかえる)、その後は六年目が七回忌、十二年目が十三回忌となっていきます。

26. 不祝儀袋の表書き
1、お寺への包み(葬儀~四十九日)表書きは「御布施」で水引は黒または銀、
2、お寺への包み(法事)「御布施」黄色水引、
3、通夜参列(御伽見舞・御通夜見舞)黒水引、
4、葬儀参列(御香典・御霊前)黒水引、
5、初七日~四十九日(御霊前)黒水引、
6、法事参列(御仏前)黄色水引、
7、香や花の代わりにお金を包む場合は、御香料、御花料、供花料、
8、(御供)お菓子、果物などのお供え物の表書き、
9、(志)香典返し、引物の表書き。
10、香典は故人の霊を弔う「香」の料金のことで、昔は実際に香を持参していたが、現在ではその代わりに現金を包む。「御香典」には必ず住所、氏名、金額を記入する。
11、年忌法事、先祖供養、墓経、命日供養等は(御布施)と書き、黄水引が一般的。御年始、御盆礼、御彼岸礼、大般若祈祷料、開眼料(石塔、仏壇)は「祝儀袋・赤水引」を用いる。

25. 年賀欠礼
 服喪中は賀状送付は控える。例年出している相手には十二月初旬に、年賀郵便の受付開始前までに到着するように「年賀欠礼」の挨拶状を送る。最近では故人が二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)以上で別世帯の場合には賀状を出したり、新年を祝ったりする。欠礼状を出さずに相手から賀状を受けたときには、新年を迎えてから寒中見舞いを兼ねて、「喪中につき賀状失礼いたしました。」とお知らせする。喪中に年を越す場合は、門松、鏡餅、正月用の飾り、年始廻りはしない。神社参拝も控える。

24. 遺体は24時間おく
 死は心臓の鼓動が停止したと医師が判定したとき死とみなされる。ところが心臓の鼓動だけが止まっても、他の肉体的な細胞が完全に死にいたっていないため、死を確認するために一昼夜以上を経過してから火葬を行うことになっている。昔、親族が遺体を前にして通夜のとき、突然棺の蓋をあけて死人が蘇って出てきたという話が伝えられている。何かの発作で一時、呼吸が停止し、しばらくして息をふきかえしたもの。このようなことから遺体を棺に納めても出棺まで蓋には釘を打たないでおくしきたりがある。