最新記事

カテゴリ

独りで悩まないで

こころの散歩道・相談処

お気軽に御相談下さい

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【1件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【1件】
2005年 11月 【1件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 08月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【1件】
2005年 05月 【1件】
2005年 04月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【1件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 10月 【1件】
2004年 09月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【2件】
2004年 04月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2004年 01月 【3件】
2003年 12月 【2件】
2003年 11月 【1件】
2003年 10月 【29件】
2003年 09月 【4件】

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちおん和尚

Author:ちおん和尚
千葉県智恩寺から、今月のお話をお届けします。
あなたとのつながり、縁を大切にしたい。
ひとりじゃないこの世。大切にしたいあなたと
わたしのつながり・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブログ 智恩寺
あるがまま。その一瞬に感動を!
お経!短くお願いします~
私自身(函館に来て)35年目の檀務法務ともなると気転が効くようになるものである。
信仰の厚い北海道だと師匠から聞かされていのだが、当時を振り返ると
奇妙なことにぶつかっておどおどしていた自分が恥ずかしい。

毎日月参りが大切な布教でもあるし、お寺の財源となっていることは事実。
「お寺さん~ 来月は祥月命日なんですが、いつもより長くお願いします」
さらに「故人に有難いところ(お経の箇所)を聞かせてやってください」と云われ困った
自分がいた。  まあそこまでは気持ち的に許すが、
「今日のお参り、ちょこっとでいいから 短くていいから・・・?
御布施はいつもどおりに出しますから」と。
  (そういえば、御布施いくらですかと云われ、「色付けて下されば」と云ったら
                      「何色ですか?」と云われ苦笑いしたっけな)

こうなるといまでは「自分の都合で供養をしないでくださいね」と問いかける。
特にご法事などを考えたら、「一体誰のための、何のための法事でしょうか?
やはりご法事というのは、亡き人を偲び、その冥福を祈るためにするのですから、
亡き人を中心に考えるのが本義でしょう?」と問い詰めたくなる、当然なこと。
ところがこの頃は生きている人が中心で、ご法事をする日は大抵日曜日、お経の
時間は短く、その短いお経の時間でさえ私語を聞くことがある。


私たちは冠婚葬祭には、どんなに忙しくても何とか都合をつけて集まるものである。
それは親族が改めて日頃のご無沙汰を詫び合い、これからも仲良くやっていこうと
いう親族の縁を強める場でもある。
そしてご法事に限って言えば、亡き人が生きている者の集まる機会を作ってくれた
ことにもなる。だから亡き人に感謝してこころからお詣りすることが大切なのである。
自分のすることを子や孫が見ていますよ。自分がお経を短くすれば、あなたの番の
時にも短くなるんですよ!自分がしてもらいたいことを、亡き人にもしたいものである。

しかし、昨今夫婦だけての法事とか事情はさまざまであるが、自らの後姿を見ることが
ない。いやできないでいるのも現状である。
その折にはこう伝えている。
「家族が一同に介したときは、自らの出所進退を子供、孫さんに伝えてください」
「過去の法事の話や葬儀の要望、今後の供養の仕方や子供としての供養の仕方、
インターネットからの情報を置いて直にお寺さんに聞いて下さい」と。

4月、新年度です。こころ新たにしたいものです。
絶対・・?
平昌オリンピックも終わり、残すはパラリンピックのみとなりました。
金メダル4個 銀メダル5個 銅メダル4個 素晴らしい成績を残しました。
すべての選手の方々、ご苦労様でした。

また、色々な言葉、思いが行き交いました。
「そだね~」「・・・・かい」「ナイッス!」「レジェンド」などなど・・。
特に気になったのが「絶対王者」「絶対女子」。

はてさてこの「絶対」に違和感を感じるのは私だけだろうか・・・。
辞書で調べると
 絶対(的)とは、他の何物とも比べようもない状態・存在であるさま
 相対(的)とは、他との関係において成り立つさま。また、他との比較の上に
 成り立つさま
他の何物とも・・・ 恐ろしい事です。
その基準には、誰が、いつどこで評価しても変わらないものとも書いてありました。

禅の心持に「覚知に交わるは証則にあらず」と開祖道元禅師様は仰っています。
真実を得たとか、素晴らしい境地だ、などと覚知するならばそれは本当の坐禅では
ないと一喝されています。

そのことを私風に解釈しますと「意識したものには本物はない」と理解しています。
当人にとってはその境地であろうと思いますし、そうであってほしいのです。
あまり世間様がはやし立てるので潰されてしまいそうになるときもありましょう。
所謂、「相対的絶対」でありたいものですね。 如何でしょうか。
父母の役目、役割。
慈悲という言葉があります。よく一つの熟語として用いられますが、実は「慈」と「悲」とは
全く違う内容を意味しています。
経典には「慈は与楽、悲は抜苦」と説明しています。
所謂、「相手に喜びや楽しみを与えること」がであり、「相手の苦しみや悲しみを除いて
あげること」がであるという訳です。

世間では、男女同権(平等)が社会の隅々まで行き渡り、男性に育児休暇まで与えられる
ようになってくると、はたして父母の役目役割をきっちりと分けること自体が適当なのか
どうかは別問題ですが、いまのところ、子どもを生むのは母親ですから、ある程度は両者の
違いを認めてもいいのではないのかもしれません。。
 *役目とは役として成しとげなければならない仕事。役としての勤め。
  役割とは役目を割り当てること。また、割り当てられた役目。 社会生活でその人の地位や
  職務に応じて遂行しているはたらきや役目。役目は役割に比べて仕事の成果をも含んで
  用いることも含んでいる。
私は両者の違い、役目役割をきっちりと分ける事も必要であると思います。

そこのところの理解があり、蟠りが除かれると
「喜びは分け合うと倍になり、悲しみは分かち合うと半分になる」ということになるでしょう。
さらに「恩」という文字を重ね合わせると「父に慈恩あり 母に悲恩あり」となりましょう。
「親の恩は海よりも深く、山よりも高い」「父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深い」
と云われた所以であると思います。
消えつつあるこの諺、今一度考えてみたら如何でしょうか。
節分にこころの鬼を追い出して、仏迎えて主人(あるじ)となそう!
お父さん、ごめんなさい。
新春を迎え穏やかにお過ごしのことと存じます。
今年も智恩寺HPを宜しく御贔屓にお願い申し上げます。

いまは84歳となったあるお婆ちゃんのお話です。
元気に日々信仰の毎日です。ご主人のご命日は毎月3日、毎月お宅に伺って
お勤めをされています。お勤めが終わると必ずコ-ヒ-を戴き雑談に華が咲きます。

そんなお婆ちゃん、40代に知人に誘われ新興宗教に入信されました。
いまでは地区の長にまで上り、信者さんを指導する立場にありました。
来る日も来る日も信徒会館に出向き、家を疎かにしていました。
60歳になったある日、そんな様子を見かねたご主人に一喝『お前は俺がなにか云う
たびに屁理屈をいって返す。一度も素直にハイ!と云ったことがない。そんなことなら
俺は明日にでも家を出ていく!男と云うものは女房が口を返すこと(喩え自分に非が
あっても)が一番否なんだ。お前は蛾が強く、自分を磨くことをしていない!なにを
そんなに一生懸命信仰してるんだ、そんなの信仰でもなんでもない!』と云われました。

我に返ったお婆ちゃん、自らのいままでの言動が酷くご主人を傷つけていたことに気づき
、即座にご主人を前にして両手をついて謝ったそうです。
『お父さん、ごめんなさい!二度と口答えしませんし、一生懸命家事にも今以上に専念
しますから勘弁してください』と涙がボロボロと流れ改心したそうです。
次の日からご主人、人が変わったかのように掃除やお婆ちゃんの出来ない身の回りの
世話を進んでやるようになりました。
お婆ちゃん、80歳のときにご主人を87歳で亡くしました。

『生きているときに謝って良かった!出来ればもう少し早く謝りたかった』
『自分が変わらなければ人を教えることなんでできない』
コ-ヒ-を戴きながら私を前にこころからお話してくださいました。

素晴らしい信仰の力・形に感銘を受けました。
これが本当の信仰心ですね。有り難い限りです。

十二という数字
今月で今年も終わる。
特に「母の死とこども園竣工祝賀会」に尽きた一年だった。
「飛ぶ鳥跡を濁さず」とは母であり、こども園でもあるような酉年だった。

干支や星座など『十二』という数は、東西を問わず「人」の生活と大変深く
関わってきたようである。
そこには物事が一回りして「もとの場所に帰ってくる」「また新しいスタ-トを
きる」など晴れやかなイメ-ジを連想する事ができる。

先日、厚意にさせていただいている方から
「十二吉祥鱗文(じゅうにきっしょううろこもん)」の干支の縫いぐるみを戴いた。
鱗は身を守る・身を固めるなどの縁起に因み、厄除けの図柄として帯や長襦袢に
用いられているようである。
また文様とは、自然に発生する絵柄か人工的に装飾をした絵柄のことをいい、
雲や松、水などの美しさを切り取ってデザインしたものを云い、その中でも
縁起のよい文様のことを「吉祥文様」と云うそうである。
 種類として 青海波・梅鉢文・観世水文・矢かすり文・笠松文・七宝文
 唐草文・うろこ文・宝尽し文 などがあるようだ。
同封されていた解説書から引用すると
 縁起の良い数である「十二」にちなみ、古来より庶民の間で喜ばれてきた
 「宝尽し文」。 単に「宝尽し文」と云ってもそれぞれの柄が持っている意味は
 さまざまで「輪違い」や「七宝」はどこまでも繋がり広がっていくことから繁栄を
 象徴し、「隠れ蓑」は悪事・災難から身を隠すとされ、「霊芝」や「盤長」「宝剣」
 と云った文様は延命長寿の吉祥である。
 「分銅」「巾着」「珊瑚」や「丁子」と云ったものは、お金や財産に関係があったり
 そのもの自体に高い価値があったため、富貴栄華の祈りが込められている。

来年は還暦で年男である。
ご喜捨された方のその気遣いが心身に沁みる。
有難うございました。

来る年が皆様にとって佳き年でありますことを祈念して
今年のお話〆といたします。