最新記事

カテゴリ

独りで悩まないで

こころの散歩道・相談処

お気軽に御相談下さい

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

月別アーカイブ

2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【1件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【1件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【1件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【1件】
2006年 12月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【1件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【1件】
2005年 11月 【1件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 08月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【1件】
2005年 05月 【1件】
2005年 04月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【1件】
2004年 12月 【1件】
2004年 11月 【1件】
2004年 10月 【1件】
2004年 09月 【1件】
2004年 08月 【1件】
2004年 07月 【1件】
2004年 06月 【1件】
2004年 05月 【2件】
2004年 04月 【1件】
2004年 03月 【1件】
2004年 02月 【1件】
2004年 01月 【3件】
2003年 12月 【2件】
2003年 11月 【1件】
2003年 10月 【29件】
2003年 09月 【4件】

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちおん和尚

Author:ちおん和尚
千葉県智恩寺から、今月のお話をお届けします。
あなたとのつながり、縁を大切にしたい。
ひとりじゃないこの世。大切にしたいあなたと
わたしのつながり・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブログ 智恩寺
あるがまま。その一瞬に感動を!
何の根拠もないが・・・
それを人は迷信とか 俗信とか云う。
でも信仰であると思う。迷う中にも信じている。俗にある信心である。
私は無宗教だという人がいる。ちゃんとした『無宗教』という宗教である。

「北枕にして寝ると縁起が悪い」
地域によっては、
「死者が呼ぶので同年齢の人のお葬式には出てはいけない」という俗信も
ある。死者は一人で逝くのは寂しいので友達を道連れにするというところから
同年齢の訃報を聞いた時には、小豆や黒豆入りの餅を耳に当て、聞かなかった
ことにするという「耳ふさぎ」の風習もあるという。

親からの伝承したものだが、
「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」
「夜口笛を吹くと魔物を呼び起こす」
「ミミズにおしっこをかけるとちんちんが曲がる」
その対策としてかけてしまったら、ミミズに水をかけて謝る。
「へそを悪戯に傷つけてしまって腫れあがったら、下水路の出口を3回廻る」

傷口を直す効能としても教わった。もし刃物で手足を傷つけてしまったり、釘を
誤って踏んで足などに刺して負傷したら
「ソテツの葉っぱを焼いてご飯を混ぜ練って患部に塗ると治る」

まだまだ教えられたことがあったが忘れてしまった。いつかまた聞こうと思う。
世の中、理屈では解明できない何かを戴いている。なにも根拠はないようだが。

釈尊涅槃会
 節分を月初めにして立春と続く2月。
それはまたお釈迦様のお涅槃の時でもあります。

紀元前486年にインドの跋提河畔にある沙羅双樹の林の中に、床をとられ
右の脇を下にして横になられ、近くにいた弟子たちに最後の教えを説かれ、
静かに永遠の眠りにつかれました。
80年のご生涯は、多難な日々の中にも世の常なることを悟り、私達のために
諸行の無常をお説きになって下さいました。

今は元気で私達のために心をくだいて下さったお父さんやお母さんもいつの日
にかは天寿を全うされ、私の前から姿が消えてしまいます。
孝行ということは、お墓になった父母より、生きているうちに行うことが一番
とされています。
  いつまでも有ると思うな親と金 無いと思うな運と災難
素直な心で一生懸命日々の浄業に励み、父母に安心してもらいましょう。
お涅槃の絵図はやがてわが身に訪れる姿を映し、静かに諭されています。
ふしぎ
わたしはふしぎでたまらない、
 黒い雲からふる雨が、
 銀にひかっていることが。
             わたしはふしぎでたまらない、
             青いくわの葉たべている、
             かいこが白くなることが。
 わたしはふしぎでたまらない、
 たれもいじらぬ夕顔が、
 ひとりでぱらりと開くのが。
             わたしはふしぎでたまらない、
             たれにきいてもわらってて、
             あたりまえだ、ということが。
童謡詩人 金子みすづさんの詩です。

平成29年も皆様にとって無事明けましたでしょうか。
幸多き一年でありますことをこころからご祈念申し上げます。
さて、私たちは普段あまりにも忙しさに感けて自分を見失っていることが
多々あります。がむしゃらに働けるうちはこの世の中が不思議だらけだ
ということなんて思う隙間もありません。
なにかにぶつかったとき、思う通りに行かなかったとき、いままで
気づかなかったことを気づかせてくれます。

成長の指針として「あたりまえ」が「あたりまえでないこと」が
見えてきたときに大人に成長したということになります。
HPでも紹介しましたが、昨年11月に2泊3日で入院手術をしました。
腹腔鏡下手術でヘルニア治療をしただけなのに術後4日間は寝起きするにも
自由が利かず、家内のご厄介に甘えました。徐々に回復しましたが、まだ
腸が自分の居場所を探しているようでままならい日々です。

あたりまえに食事をする、排便をする、歩行をする、運動をする、車に
乗り降りする・・・ 急にあたりまえでなく見えてきました。
人間はひとりでは生きていけない、大勢の人の世話になってはじめて
生きられる、ということを。
日頃人に説いているわが身我が心を試されていたということを
この手術で改めて考えさせられました。



振り返る
誰だってミスや失敗は繰り返したくはない。「何度同じ事を言わせるの!」
「やっぱり君には無理かな」とは言われたくない。
一方で、うまく出来たことは繰り返したい。「前回は良かったのに…」
「まぐれだったの?」と言われるのはごめんだ。
どうしてミスを繰り返してしまうのか。
うまく出来たことを繰り返すことができないのか。
その理由の多くが仕事の「振り返り方」にある。
振り返りは「感想」とは別物である。
「面白かったなあ」「苦労したけれど、自分なりに頑張ったと思う」
「次は自分で企画もやってみたい」…これらは全てあなたの感想である。
しっかりとした振り返りは次の仕事に必ず良い影響を与える。
ただし楽な作業ではない。
野球やサッカーなどのプロスポーツを思い浮かべていただきたい。
勝っても負けても試合後に監督インタビューがある。
振り返りとは、自分の頭の中で、インタビュアーとそれに答える監督の一人二役を
こなすのに似ている。

平成28年も終わろうとしている。
右手薬指を四針縫って始まった今年。
長男の新天地での生活。孫の誕生。次男の副住職正式に就任(披露)したこと。
長女は2年連続で売り上げトップに輝いたこと。
家内はコツコツ献身的に家事、子供らの精神的な支えをしてくれたこと。
特に小生、初めての入院手術では家内の有難さを知った。
そんな今年も終わろうとしている。
なにはともあれ、健康なくしては思考能力を阻害する。

「回向返照退歩に学ぶ」とは自らがその折にお話ししていることである。
ちょっと視点を変えて振り返ったときに物事が輝きを増すのである。
一年間のお付きい誠に有難うございました


地鎮祭
先月21日に実家附設保育園の移転新築地鎮祭が行われて導師の大役を仰せ
つかった。 昭和10年創設され今年で81年目、3代目園長の大英断である。
福祉行政も年々変遷し、世相を鑑みて法人格を財団法人から社会福祉法人へ転換し、
認定こども園として誕生させたのである。

その地鎮祭。 まさしく地を鎮めるための通過儀礼。
昨今、一般住宅でもこの儀をせず新築されているのを聞くが心が痛むのである。
(我が家の左となり、斜め向かいの家ではいま建築が進んでいるがそれらしき儀式を
したようである)

仏教では、地鎮法 鎮宅法)じちん、ちんたくほう)、安鎮法(あんちんほう、安鎮国家
不動法の略)、地堅めの法などともいう。
その土地を結界して、地天を本尊・中心として諸天善神や時には横死して霊魂なども
含めて、それらを供養し鎮霊して、永久に災難が及ばないようにする儀式である。
 {堂宇などの場合、まだ板敷きを敷かずに土壇を鎮める修法を鎮壇法といい、
 地鎮と鎮壇を個別に修する。なお略式で同時に修する場合もある。
 壇の中央に五宝や七宝などを入れた賢瓶を埋めて、鎮石と呼ばれる平らな石を置き、
 再建する場合も決して動かさない。八方に輪や橛(くい)、五玉を埋める。}

いづれにせよ、土地の神々を敬い 建てさせていただく真心と工事安全を誓うことを
この地鎮祭でお披露目する最初の大切な儀式である。